診療内容

診療内容

当院では生活習慣病を中心に高齢者(特に女性)に多い骨粗鬆症、最近マスコミ等でよく耳にする睡眠時無呼吸症候群、アトピーや気管支喘息、花粉症などのアレルギー疾患など内科全般に幅広く対応し、患者様それぞれに適した治療を行っております。
また、自費診療となりますが、ED治療、AGA治療、禁煙治療も行っております。

特定健診について

特定健診とは2008年4月より従来の住民健診の代わりとなる40歳から74歳の方を対象に実施される、メタボリック症候群の早期発見、予防を目的とした健康診断です。
従来の健診に腹囲、悪玉コレステロール(LDL)を加え、メタボリック症候群、及び、その予備軍を早期に発見し、生活指導を行うことにより、将来生活習慣病の発生を予防し、医療費の削減を目的としたものです。

生活習慣病とは

一般に30~40歳以上の世代から発症しやすくなり、かつその発症に食事、運動、肥満、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が深く関わると考えられている病気の総称で、主な疾患には高血圧症、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症などがあります。
これらの疾患は虚血性心疾患、脳卒中などの原因となり、最悪の場合死に至る怖い病気です。

メタボリック症候群とは

肥満(男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上)に加え、境界域糖尿病、軽度高血圧、高脂血症(高中性脂肪血症)のうち2つ以上の疾患を合併した場合にメタボリック症候群と呼びます。生活習慣病と同様に動脈硬化の促進因子として医学管理が必要となります。

高血圧症とは

心臓は全身に血液を循環させるため、高い圧力で血液を動脈に送り出しています。この際、動脈壁の内側にかかる圧力を血圧といいます。
血圧値には上、下2つの数値が示されますが、上の数値は収縮期血圧といい、心臓が血液を送り出すために収縮したときの大動脈の内圧のことで、最大血圧とも呼ばれます。
又、下の数値は拡張期血圧といい、心臓が拡張し血液を心臓に貯めこむときの動脈の内圧のことで、最小血圧とも呼ばれます。
収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上のどちらかを満たした場合に高血圧症と診断されます。
高血圧症にはあまり自覚症状はありませんが、放置しておくと動脈硬化を促進させ心臓病、脳血管障害、腎障害などの重篤な合併症を引き起こす怖い病気です。

糖尿病とは

糖尿病は膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足したり、その働きが不十分なために高血糖となる代謝障害です。
インスリンはブドウ糖をエネルギーとして利用したり、肝臓や筋肉に蓄えたりする働きがあり、血液中のブドウ糖の量を正常に保つ働きをします。
このエネルギーの不足と高血糖が糖尿病のいろいろな症状を引き起こします。
糖尿病は血管が侵される病気で、高血糖の状態を放置していると細い血管から大動脈までが侵され、腎障害や網膜症、虚血性心疾患、脳血管障害を引き起こす怖い病気です。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に何回も呼吸が止まりぐっすり眠ることができない病気です。一晩の間に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が5回以上くりかえされた場合睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
症状としては、いびき、昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などがあります。
上気道(空気の通り道)が閉塞することにより起こり、その原因は、首周りの脂肪の沈着、扁桃腺肥大、アデノイド、気道への舌の落ち込み、鼻が曲がっている、舌が大きい(巨舌症)、顎が小さい(小顎症)などがあげられます。
当院では終夜睡眠ポリグラフィーという検査が行えます。この検査は睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素濃度などを同時に記録して無呼吸の有無を知ることができます。

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、体内のカルシウムが不足して骨がスカスカになり、もろく折れやすくなる病気です。
骨粗鬆症は圧倒的に女性に多い病気で、女性では閉経期の40~50歳代から急激に骨量が減少し、60歳代では2人に1人、70歳以上では10人に7人が骨粗鬆症を発症しております。一方、男性では60歳過ぎから徐々に増え、70歳以上では10人に4人足らずです。
性ホルモン(エストロゲン)の減少が大きな要因となりますが、これ以外にも人種、体型、運動、食事、喫煙、アルコール摂取などが知られています。 運動の習慣がなく、やせた体型で身長が低い方がなりやすいとされています。
当院では骨塩量の測定が可能で骨粗鬆症の診断、治療効果の判定に活用しております。

EDとは

EDとは勃起不全の略です。高齢化社会が進むにつれて、性機能障害、とりわけ勃起不全で悩む男性が増えており、命にかかわる病気ではありませんが、男性にとっては大いに深刻な問題に違いありません。
当院では3種類の治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を常備しております。

AGAとは

AGAとは男性に最も多くみられる脱毛症で男性型脱毛症(androgenetic alopesia)の略です。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、又は、双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。
一般的に遺伝やDHT(AGAの原因物質)が関係するといわれています。
AGAは進行性であるため早めのケアーが大切です。
当院では一般に市販されていない治療薬(プロペシア)を常備しております。