医療設備

診療科目

施行可能検査

検体検査

血液、尿、便、喀痰等(血糖値、尿定性以外は外部検査センターに発注)


レントゲン検査

単純撮影(胸部、脊稚等)、造影検査(上部消化管造影、腎孟尿路造影等)、骨密度測定(DXA法)

レントゲン検査:X線透視装置
X線透視装置

胸部、腹部、脊椎、関節等の単純撮影、及び、造影検査としてバリウム液服用による胃・十二指腸造影、経静脈造影剤を用いた腎・尿路造影検査を施行

骨密度測定装置
骨密度測定装置

左前腕(橈骨)の骨塩量(Ca量)を微量X線にて測定、
骨粗鬆症の診断と治療効果の判定が可能。

心電図検査

安静時、及び、運動負荷(踏み台昇降、トレッドミルによる歩行運動)検査、ホルター心電図(24時間記録)、その他(心音図、指尖脈波図)

トレッドミル運動負荷心電図
トレッドミル運動負荷心電図

安静時、及び、踏み台昇降等の運動負荷心電図にて虚血性心疾患(狭心症等)が疑われた場合に施行。 心電図波形を持続的にモニターしながら電動ベルトコンペアー上を歩行(速度・傾斜は経時的に増加)する事により負荷をかけ、心電図波形の変化を観察し、心筋虚血の有無を判定する。

超音波検査

腹部、心臓、頚動脈

超音波カラードップラー装置
超音波カラードップラー装置

心臓の形態(左右心室・心房のサイズ、左心室壁の肥厚の有無)と機能(左心室の収縮率等)の計測、弁逆流の有無を視覚的に評価することが可能

その他

サーモグラフィー、重心動揺平衡機能検査、聴力検査、呼吸機能検査、終夜睡眠ポリグラフィー

サーモグラフイー
サーモグラフイー

体各部位の温度を放出赤外線量にて計測し血管閉塞による冷感、炎症等による熱感をカラーマップとして表示することが可能

理学療法機器

超短波、低周波、マイクロウェーブ、高周波、遠赤外線ドーム、頚椎牽引装置、ローラーベッド、超音波治療器(ビームセラソニック)等

低周波装置(写真左側)
低周波装置(写真左側)
高周波(マイクロ波)発振装置(写真右側)

低周波装置:同時に最大12名まで施行可能で肩こり、末梢神経麻痺等に対するマッサージ効果
高周波(マイクロ波)発振装置:変形性関節症などに対する温熱効果

超音波治療器
超音波治療器

3種類の波長により内臓疾患の症状緩和から
急性・慢性の関節、筋肉、靭帯等の痛みと炎症の緩和、
リンパや血行の改善まで対応できる最新の理学療法機器

入院設備

入院設備

当院には一般病床:3床、介護病床:6床の入院施設があります。
患者様の病状に適したケア、治療を行い、患者様に満足して頂けるように心掛けております。
入院希望の方はお気軽にお電話等にて連絡して下さい。
詳細について御相談いたします。